now loading

メディアマートのクラウドPBX「V-SQUARE」で働き方を自由に!

メディアマートのクラウドPBX「V-SQUARE」で働き方を自由に!

この記事の目次

電話システムに”ビジネスフォン”を利用している会社は多いかと思いますが、
・既存のシステムが老朽化してきたので新しくしたい!
・運用やメンテナンスの手間を省きたい!
・スマートフォンを内線化したい!
・通信コストを削減したい!
・社内コミュニケーションを活性化したい!

というような、通信コスト、業務効率、コミュニケーションの削減および向上を図りたいとお考えのオフィスは多いのではないでしょうか。

そこで今回おすすめするクラウドPBXサービスが「V-SQUARE(スクエアー)」です。
メディアマート㈱が提供するクラウド型ビジネスフォンサービスになり、上手に活用すれば上記の希望をすべて実現できる可能性があるのです。

ここからは、メディアマートが提供する「V-SQUARE」の特長や使える機能、利用料金などを分かりやすくご紹介していきます。

1.「V-SQUARE」の3つの特長と使える機能

メディアマート㈱(東京都千代田区)が提供する「V-SQUARE」はクラウドPBXサービスです。

といわれても、クラウドPBXとは何なのか?名前は知っていても仕組みが分からない方もいますよね。
V-SQUAREの特長を説明する前に、クラウドPBXとは何か分かりやすく説明しておきましょう。

【クラウドPBXとは?】
クラウドPBXとは、従来のビジネスフォンで必要な主装置(PBX)をオフィス内に設置せず、インターネット上のサーバー上に主装置(PBX)の機能を持たせること(クラウド化)により、スマホやパソコンをビジネスフォンとして利用できるクラウド型サービスになります。

クラウド上のサービスからインターネット回線を使ってスマホやパソコンなどの端末をすべて制御するので、社内・社外問わずどこにいても使用できます。言い方を変えれば、インターネット環境さえ整っていれば、国内のみならず海外でもスマホがビジネスフォンとして利用できるのです。

また、スマホやパソコンを利用すれば、主装置(PBX)だけでなく固定電話機などの設備が一切不要になるとともに、電話配線工事さえも不要になります。

ここでさらに詳しく、主装置(PBX)とクラウドとは何か解説しておきます。

内容
主装置(PBX) 小型の電話交換機のこと。外線通話や内線通話、転送などの機能を制御する機器です。
クラウド インターネット上の空間(サーバーなど)にアクセスすることで、各種サービスが利用できるようになるほか、写真などの画像やWordやExcelなどのデータファイルが保存できるサービスの総称です。

このように、クラウドPBXはインターネット回線を活用したサービスになります。
そこで、今使っているビジネスフォンが老朽化して交換が必要なときや、新たに事務所を開設するときなど、主装置(PBX)の設置や電話配線工事が一切不要になるので、初期投資が大幅に削減できるのです。

では、ここからはクラウドPBXサービス「V-SQUARE」の3つの特長をご紹介していきます。

特長➀ マルチキャリア対応でスマートフォンの内線化が実現!

V-SQUAREもほかのクラウドPBXと同様にスマートフォンをビジネスフォンとして利用できるようになります。

さらにV-SQUAREは、Wi-Fi/3G/4G/、iOS/Androidのマルチキャリア対応なので、現在お使のOSに関係なく利用できるのです。
利用する端末に専用アプリをインストールして簡単な設定を行えば利用が開始できます。

操作画面のイメージは以下の通りです。


(引用:V-SQUARE|V-SQUAREの特徴)

会社の代表電話番号を使って外線発信できるほか、グループ着信や保留・転送など、ビジネスフォンを使っているような感覚で電話ができるのです。

特長➁ 3種類の端末が利用可能!

V-SQUAREでもスマートフォンのほかに以下の2種類の端末がビジネスフォンとして利用できます。
ほかのクラウドPBXも同じように3種類の端末が利用できます。

端末 詳細
IP電話機 LANケーブルを接続するIP電話専用の電話機のこと。SIPフォンとも呼ばれる。
ソフトフォン(PC) ソフトフォンとは、PCに専用のソフトウェアをインストールすることで、インターネットを利用してパソコンで通話ができる通話システムです。

またV-SQUAREでは、クラウド型ビジネスフォン以外にもコールセンターのシステム構築ができる「コールセンター・ソリューション」も提供しています。コールセンターでは主にソフトフォンが使われ、オペレーターは一般的にヘッドセットを利用して通話を行います。

コールセンター・ソリューションは名前の通りコールセンターで使われるサービスなので、ならではの機能が使えるようになります。
・ACD(自動着信呼分配):着信をオペレーターに均等に分配する機能
・待ち呼アナウンス:着信対応ができないとき、アナウンスや音楽などを流してお客様を待たせる機能
・IVR(音声自動応答):休日や時間外などで音声ガイダンスを流す機能
・全通話録音:全ての通話を自動録音

特長➂ UC(ユニファンド・コミュニケーション)機能で社内コミュニケーションが活性化!

UC(ユニファンド・コミュニケーション)は「通信サービスの統合」を意味し、すべての通信機器や通信手段を1つのネットワークに統合することを指します。V-SQUAREのUC機能は以下の4つの機能を統合し、スイッチボード(個々の電話機につなぐために使う中央装置)を利用して効率的にコミュニケーションが図れるようにしています。

【UC(ユニファンド・コミュニケーション)機能】

端末 詳細
プレゼンス 同僚の在籍確認、電話利用状況確認、Web電話帳機能
自動転送 離席時や外出時、会社に入った着信の自動転送が可能
ボイスメール メッセージセンターからボイスメールやビデオメールを自動配信
電話会議 とこからでもどの端末からでも会議に参加でき、参加人数の制限はありません

また、V-SQUAREはPolycom社のTV会議システムとの連携もできます。
Polycom社はTV会議システムでシェア世界NO.1を誇るアメリカの企業です。

Polycom社のTV会議システムと連携することでビデオ通話機能が拡張でき、より快適に社内コミュニケーションが図れるようになります。

以上、V-SQUAREの3つの特長を紹介しましたが、スマートフォンの内線化や社内コミュニケーションを活性化したい企業におすすめのクラウド型ビジネスフォンサービスです。

2.「V-SQUARE」の利用料金は個別見積もりが必要

ここまでV-SQUAREの特長をご紹介してきましたが、一番気になるのは利用料金ですよね。
しかし、料金に関する詳細な記載はなく、V-SQUAREに問い合せて個別に見積もりしない限り正確な費用は分かりません。

ただし、基本的な料金システムは「初期費用」と「月額費用」に分かれ、それぞれ以下のような費用が必要になります。
・初期費用:電話機の購入費用およびシステム設計・構築費用
・月額費用:PBX利用料(内線数に応じた課金)と外線接続に必要なVoIP GW(ゲートウェイ)機器利用料

VoIP GW(ゲートウェイ)は、アナログ回線とインターネット回線の相互通信を可能にするための機器です。
V-SQUAREを含めたクラウドPBXはインターネット回線を利用して通話を行うので、現在アナログ電話回線を利用している会社で設置が必要になります。

V-SQUAREの導入に興味がある方は、メディアマートに問い合わせをしたのち、資料請求に合わせて見積もりを依頼しましょう。
『メディアマート クラウドPBXお問合せ (http://mediamart.jp/pbx/)』

3.まとめ

今回はメディアマートが提供するクラウドPBX「V-SQUARE」をご紹介しました。

V-SQUARE は、クラウドPBXならではのスマートフォンの内線化などの特長があるとともに、UC(ユニファンド・コミュニケーション)機能も利用できます。様々なコスト削減や業務効率化とともに、社内コミュニケーションの活性化まで期待できるのです。

利用料金に関しては個別の見積もりが必要になるので、まずはメディアマートに問い合せを行いましょう。
現在、クラウドPBXの導入に興味がある会社で、まだ特定の会社が決まっていないようでしたら、V-SQUAREも候補に挙げてみてはいかがですか?

TOP