now loading

クラウドPBX「BIZTELビジネスフォン」でコストと管理手間を削減!

クラウドPBX「BIZTELビジネスフォン」でコストと管理手間を削減!

この記事の目次

現在ビジネスフォンを利用している会社の中には、
・通信コストを削減したい!
・維持や管理の手間を省きたい!
・拠点の電話システムを統合したい!
など考えている会社もいるのではないでしょうか?また、これから起業して新たに事務所を開設する方は、できるだけ安くて早く電話システムを構築したい!と考えますよね。

そこで今回はおすすめするのがクラウドPBX「BIZTELビジネスフォン」です。
㈱リンクが提供するクラウド型IPビジネスフォンサービスで、上手に活用すれば上記の希望が実現できるのです。

ここからは、クラウドPBXサービス「BIZTELビジネスフォン」の4つの特長や使える機能とともに、気になる利用料金をご紹介していきます。

1.「BIZTELビジネスフォン」の4つの特長

BIZTELビジネスフォンは㈱リンクが提供しており、ビジネスフォンサービス以外にも、
・CTI/コールセンター
・コールセンター PCI DSS
・モバイル内線化/FMC
以上のコールセンターシステムが構築できるサービスもリンクから提供されています。

今回はBIZTELビジネスフォンを紹介していきますが、従来のビジネスフォンで必要なPBX(主装置)の機能をクラウド化して提供するクラウドPBX型IPビジネスフォンサービスになります。

ここで簡単にPBX(主装置)、クラウドとは何か説明しておきましょう。

内容
PBX(主装置) 小型の電話交換機を指し、外線通話や内線通話、転送などの機能を制御する機器
クラウド インターネット上の特定の空間(サーバーなど)にアクセスすることで、様々なサービスが利用できるようになるほか、写真などの画像や各種データが保存できるサービスの総称

クラウド上のサービスからインターネット回線を使って通話や転送などの機能をすべて制御するので、外出先のどこにいても使用できるようになります。つまり、インターネット環境さえ整っていれば、国内の離れた拠点はもちろん海外でもスマホがビジネスフォンの役割をしてくれるのです。

また、オフィスにPBX(主装置)や電話機などの設備の設置が不要になるとともに、電話配線工事さえも不要になります。
あらゆるムダを削ぎ落した次世代の電話シスムなのです。

「BIZTELビジネスフォン」の4つの特長

BIZTELビジネスフォンはクラウド型ビジネスフォンサービスとして、大きく4つの特長があります。

特長➀ さまざまなコスト削減が可能!

PBX(主装置)などの機器の設置が不要になるため、初期投資が大幅に削減します。
また、PBX(主装置)の機能をクラウド化しているので、メンテナンスなどの保守コストや固定資産管理の手間も軽減できます

さらに、全国の拠点や出先のスマートフォンとの通話がすべて内線で対応できるようになるので、通話料の削減も期待できるのです。

特長➁ 拡張性が高い!

小規模オフィスでも導入でき、事務所の拡張などによる電話機の増設も1席単位で申し込みができます。
また、事務所のレイアウト変更などの際も、移設などが柔軟に対応できます。

特長➂ 最短5日で導入できる!

BIZTELビジネスフォンはインターネット環境さえ整っていれば設定するだけで利用が開始できるので、最短5営業日で電話システムが構築できます。

特長➃ 様々な端末が利用可能!

BIZTELビジネスフォンに限らず、一般的なクラウドPBXでは以下の3種類の端末が利用できます。

詳細
IP電話機 LANケーブルを接続するIP電話専用の電話機のこと。
ソフトフォン(PC) ソフトフォンとは、PCに専用のソフトウェアをインストールすることで、ヘッドセットを利用してインターネット経由でパソコンから通話ができる通話システム。
スマートフォン 無料専用アプリをスマートフォンにインストールするだけでビジネスフォンに。
インターネット(3G・LTE・Wi-Fi)環境が整っている場所ならどこからでも内線通話が可能。

以上、4つの特長を上手に活用すれば、コスト削減や業務効率化が実現できます。
また、近年多くの企業が導入しているテレワーク(場所に捉われない働き方)の連絡体制の構築や、全国に複数拠点を持っている企業も拠点間の内線化が図れるなど、様々なメリットを持ち合わせているのです。

2.「BIZTELビジネスフォン」で使える機能と利用料金

この項では、BIZTELビジネスフォンで使える機能と利用料金をご紹介します。

「BIZTELビジネスフォン」で使える機能

まず、使える機能は標準で使える「基本機能」と「管理機能」と、別に「オプション」も充実した機能が用意されています。

【基本機能】
・代表番号発着信
・IVR(音声ナビ)
・グループ着信
・ダイヤルイン着信
・不在応答・定時応答
・ピックアップ
・保留、転送
・パーク保留
・ブラインド転送

【管理機能】
・管理画面(各種設定):各種設定はPCのブラウザ画面でいつでも自由に変更可能
・課金明細・通話履歴:通話料金や発着信の履歴が管理画面でいつでも確認可能

【オプション】

機能名 内容
CMR(顧客情報管理システム)連携 各種CMR・SFA(営業支援システム)と電話を連携して顧客対応力や業務効率の向上が図れる
番号継続利用 今まで使っていた電話番号を継続して利用する
着信ルーティング 発信元の電話番号に応じて着信先や対応方法を変更して迷惑電話を減らす
インターネットFAX 電子メールでFAXの送受信ができる
発信フィルタリング 営業お断りの顧客に間違って電話しないようにする
発信番号選択 電話を発信するとき相手に通知される電話番号を選択する
専門ゲートウェイ 電話アンケートシステムが簡単に構築できる
音声合成 休日のアナウンスやコールセンターのガイダンスを簡単に設定できる
セキュリティプラス ファイアウォール、通信の暗号化、ウイルスチェックなどの機能が利用できる

以上のように充実したオプション機能が用意され、ニーズに合わせて選択して申し込みができます。

「BIZTELビジネスフォン」の利用料金

最後に気になるのはやはり利用料金ですよね。
BIZTELビジネスフォンの基本プランは利用する環境に合わせて2つのタイプから選択できます。

【初期費用・月額料金】

プラン 内線番号数 同時通話数 初期費用 月額料金
ライト 40 基本3~最大10 50,000円 21,000円
スタンダード 80 基本10~最大30 300,000円 80,000円

【通話料金】
固定電話:8円/3分
携帯電話:18円/1分

通話料は外線発信のときの通話料金になり、内線通話はもちろん無料です。

3.まとめ

今回は、㈱リンクが提供するクラウドPBX型IPビジネスフォンサービス「BIZTELビジネスフォン」をご紹介しました。
低コスト、早期導入、拡張性に加えて、様々な端末が利用できるなど、クラウドサービスならではの4つの特長を持ったクラウドPBXサービスです。

使える機能も基本機能とは別にオプションとしてCMR・SFAの連携機能などを利用することで、顧客対応力や業務効率の向上が図れます。
初期費用や毎月の利用料金は必要になりますが、従来のビジネスフォンと比較すれば断然お得に導入できます。

クラウドPBXの導入に興味がある会社で、まだどの会社と契約するのか迷っているなら、「BIZTELビジネスフォン」も候補に挙げて検討してみてはいかがでしょうか。

TOP